ココロが動いた!秀逸コピー #8

#8 GLEN CLYDEのソックス

私が子どもの頃は、靴下のつま先に穴が空いても繕って履き続けるのが普通でした。半世紀近く前のことですので今とは比較できませんが、暮らし向き全般においてモノを大事にしていた時代だったと思います。そうしたマインドは大事ですが、今の時代は、よほどの事情がない限り靴下の穴を繕って履く人はいません。そもそも、衣類の中でも靴下は一番傷みやすい消耗品。穴が空いてしまったら新調するのは当たり前のこと......そうした考え方に「待った!」をかけたのがこのコピーでした。
永久交換保証。穴が開いたら新品と交換します。
有楽町を紹介するテレビ番組で、ある俳優さんがロケの途中で、「実は欲しいモノがあって」と、高架下の商業施設へ向かいました。「これなんですよ!」と手に取ったのは、男性用ソックス。番組の進行を務める芸人さんが、「靴下のためにここまで来たんすかっ!」と大袈裟にリアクションすると、「何言ってるの!これはね普通の靴下じゃないんだよ。穴が空かないんだよ。もし穴が空いたらタダで交換してくれるんだよっ!」と、芸人さんに劣らぬ勢いで反論。
それを観ていた私は、「これか!」と思わず膝を叩きました。2年ほど前にその噂を聞いたことがあって、ネット検索してみても、当時はそれらしきものが見当たりませんでした。そこで今回改めて検索してみたところ、出てきました!『永久交換保証。GLEN CLYDE。』

"永久保証"は未来を約束できるのか

率直に言って、この『永久交換保証』というワードだけを見ると、些か胡散臭さを感じますし、ナンセンスな言葉選びに思えます。そもそも、人間同士の約束において「永久に保証する」などということはあり得ません。事実、私が通っていた焼きそば屋がコロナ禍で閉店。店のおばちゃん手づくりの"15スタンプで並一皿無料"のポイントカードも、あと3スタンプというところで使えなくなってしまいました。
焼きそば屋のポイントはともかく、不確かな"未来"のことについて、「もしもの時は保証します」という表現は、広告的に「いかがなものか」と思います。しかし、そうは思いながらも、「永久保証」という言葉には"お得感"を喚起させるチカラがあるのです。せっかくの機会なので、他にどのような製品が「永久保証」を謳っているか調べてみました。すると、『永久保証』には意外なメッセージが込められていることが分かりました。

同じクオリティを提供し続ける責任

驚きました。今回取り上げたGLEN CLYDEのソックスをはじめとして、財布、バッグ、シューズ、ポロシャツ、ダウンジャケット、ジーンズ、アウトドア用品、自動車、自転車、パソコン、腕時計、ライター、万年筆、ジュエリー、さらには家具や傘、鍋に至るまで、ありとあらゆる製品が『永久保証』を謳っているのです。しかもそれらの品々は、どれもが有名メーカー、老舗メーカーのハイエンド製品ばかり。ここで私は、「なるほど、そういうことなのか!」と、これまでの思い込みを改めることになりました。『永久保証』は、単なる広告コピーのフックではなく、大量生産・大量消費が当たり前の消費社会に対するアンチテーゼであり、メーカーのプライドなのです。
GLEN CLYDEのソックスは、3足1000円で買えるような量産品ではなく"多少高価であっても、良質で長く使えるものに価値を見出せる顧客に自分たちの商品を届けたい"そんな職人魂が生んだソックスです。しかし、どれほど良質な製品であっても、いずれは不具合が出てきたり、製品寿命が訪れます。その時に「同じクオリティを提供し続ける責任」を宣言したものが『永久交換保証』という言葉だったのです。

"永久交換保証"は技術力を裏付ける証し

さっそくテレビで観た商業施設「日比谷 OKUROJI(オクロジ)」内にあるGLEN CLYDEのショップに出向いて商品を購入しました。私が購入したのは、ビジネスからカジュアルまで幅広く活用できる中厚ソックス「LIFE LONG」(2,200円)と、特殊な機械編みで伸縮が良く圧迫感がない「relacks」(男女兼用:1,980円)の2タイプ。このうち『永久交換』が保証されるのは「LIFE LONG」です。
ショップの店員さんも品質には相当自信があるらしく、丁寧に説明をしてくれました。「LIFE LONG」で使用しているコットンは、世界でも希少な「シーアイランドコットン」を使っていて、つま先部分は職人さんが手作業で仕上げているのだとか。1日300足仕上げるのが精一杯なため、本来ならば価格も2,200円では見合わないくらいのクオリティなのだそうです。
1点気づいたことが。『永久交換保証』のシールの他に、ナイロンバッグの素材などでよく使用される『CORDURA(コーデュラ)』のシールを発見。実は「LIFE LONG」ソックスは耐久性を向上させるためにCORDURAを混紡させた特殊な糸で編まれていて、一般的な綿ソックスの10倍近い耐久性を実現させているのだそうです。『永久交換保証』は、こうした技術力の裏付けがあるからこそメッセージできる"品質に対する自信の証し"でもあるのです。

GLEN CLYDE(グレン・クライド)
https://glen-clyde.com/
※LIFE LONGソックスはOnline Shopからもお買い求めいただけます。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2021/03/02
▼構成=編集部 ▼文=吉村高廣 ▼撮影=吉村高廣

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈18 コロナを生き抜く④〉
〈18 コロナを生き抜く④〉
マーケティング再考 ひと頃、「2020年問題」という言葉... 2021.04.15更新
若手のための
“自己キャリア”〈14〉
〈14〉
タイムマネジメント 皆さんは"タイムマネジメント"という言葉を... 2021.04.12更新
ワークスタイル・ラボ
〈2〉
成功体験や勘ではなく、データ主導の営業へ! データドリブン営業の基礎知識 この1年ほど、経済誌などで「データドリブン」という言葉を... 2021.04.05更新
企業見聞
〈25〉
激変するライブ・エンタテイメント市場に、 新しい価値を創出し続ける。 ライブ・エンタテインメント調査委員会のレポートによると... 2021.03.24更新
Officeオブジェクション
〈8〉
ポストコロナ時代のオフィス計画⑤ 時短化で接触減に。スタンディング会議 プロジェクトで仕事をしていて仕掛案件が佳境に入ると... 2021.03.09更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈8〉
GLEN CLYDEのソックス 私が子どもの頃は、靴下のつま先に穴が空いても... 2021.03.02更新
働く人の健康ライフ
〈6〉
コロナ禍で"承認欲求"をいかに満たすか 解剖学者で400万部を超えるベストセラー『バカの壁』... 2021.02.25更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈17 コロナを生き抜く③〉
〈17 コロナを生き抜く③〉
消費者はどんなモノを求めているのか いいクルマや高級時計などには興味がないし... 2021.02.16更新
オフィス探訪
〈7〉
何をするかより 、誰とするか、どこでするか 。面白法人カヤックの新社屋 まずは、自分たちが面白がろう。つぎに、周囲からも... 2021.02.10更新
リアル・ビジネス
英会話〈19〉
〈19〉
I can't make it. 誘いを断る 海外勤務が間もないビジネスマンにとって悩ましいのが... 2021.02.03更新
Officeオブジェクション
〈7〉
ポストコロナ時代のオフィス計画④ 緊急事態宣言発出! テレワーク再び 誰もが予想していた通り、2021年1月8日に... 2021.01.27更新
エリア特集
〈25〉
将来の利便性が期待でき、 これからの時代に相応しい街づくり 仙台市 東北地方の商業の中心的役割を担ってきた仙台市... 2021.01.26更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ