Officeオブジェクション Officeオブジェクション

Officeオブジェクション

今年の夏も厳しい暑さとなりそうです。昨年は、浜松市が最高気温41.1度を記録して、熊谷市の日本最高気温に並びました。しかし今年は、例年よりもひと足早い梅雨入りが予測されており、これまで以上に"じっとり暑い夏"になるとも言われています。

空調メーカーの大手ダイキン工業が、東京で生まれ育った男女500人を対象におこなった『令和元年東京の夏の空気感調査』によると、ここ近年の東京の夏は、43.6%が「耐えられないくらいの暑さ」、21.6%が「命の危険を感じる暑さ」と回答していて、なんと6割以上の人が、夏の東京は深刻な暑さで、「とても仕事どころではない」と感じていることが分かりました(図1参照)。

しかし、深刻なのは単に気温の上昇だけではありません。同じ調査の中で、暑く感じる要因は何か?の質問に対して、「気温が高い」が68.2%であったのに対して、「湿度が高い」が70.6%と、湿度が気温を上回る結果が出ています(図2参照)。

※図1:https://www.daikin.co.jp/press/2019/20190724/images/img_01.png
※図2:https://www.daikin.co.jp/air/life/survey/vol25/images/img_q_01_2.png
(令和元年東京の夏の空気感調査)

湿度の高い時期は、体温調節機能が低下して熱中症の危険性が増加したり、体内に熱がこもって体力の消耗が早く、ダルさを感じやすくなって仕事に向かう気力が低下します。したがって、湿度75%を超える不快日が連日続く各都市圏エリアでは、適切な湿度管理にもフォーカスしたオフィス計画が求められます。

その指標となる室温や湿度については、労働安全衛生の観点から法律で基準が設けられていて、空調設備を設けているオフィスでは、室温が17℃以上28℃以下、湿度については40%以上70%以下にすることを努力義務として定めています。したがって一般的な目安としては、室温24℃から27℃、湿度50%から60%くらいに保てるよう計画すると良いでしょう。

さて、そこで問題になるのが"換気"です。新型コロナウイルスへの対策として関心が高まった換気ですが、実は、コロナ以前に設置されたビル空調(業務用空調を除く)の多くには換気機能が装備されていません。仮に機能があったとしても、2020年に厚生労働省が新たに示した換気量(30㎥/h×人数)を満たせていないものがほとんどで(御社の空調設備もぜひ確認してみてください)、換気をおこなうためには、小まめに窓やドアを開けて自然換気をする必要があります。

ただ、真夏の炎天下に窓を開けることは、「湿気を含んだ外気をわざわざ室内に取り込むようなもの」といったマイナスイメージがあるため、厚生労働省が推奨する"30分おきに1回5分の窓開け換気"は逆効果と考える人が多いようです。しかし、その認識は間違いで、オフィスのような広い空間で湿度対策をおこなう場合は、やはり自然換気が有効です。

そもそも、エアコンをかけているのに涼しくならないのは、人の出入りなどでオフィスに忍び込んだ外気が熱だまりをつくり、それを上手く逃がすことができないことに原因があります。そうした熱気を逃がしつつ換気をおこなうためには、必ず2カ所以上の窓やドアを開けて"空気の流れ道"をつくることが肝心。さらにその場合は、キャビネットや書棚などの扉も全開にして、細部に滞った熱気も外に逃がしてあげることが、オフィスを換気しながら湿度対策をおこなう最善策です。御社でも今年の夏は、オフィス内の湿度に着目して、正しく自然換気をおこなってください。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2021/05/27
▼構成=編集部 ▼文=吉村高廣 ▼画像素材=AdobeStock

過去の記事

ワークスタイル・ラボ
〈5〉
70歳まで働くためにキャリアをリセット 『40歳定年制』というワークスタイル 1986年に成立した高齢者雇用安定法... 2021.10.18更新
リアル・ビジネス
英会話〈21〉
〈21〉
stand by / support 支持する ひとクセありそうな候補者たちが... 2021.10.07更新
Officeオブジェクション
〈11〉
ポストコロナ時代のオフィス計画⑧ アフターコロナのオフィスデザイン 米国シリコンバレーのGoogle... 2021.10.06更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈19 コロナを生き抜く⑤〉
〈19 コロナを生き抜く⑤〉
コロナ禍で"考動力"を鍛える コロナを生き抜く⑤ ... 2021.09.28更新
若手のための
“自己キャリア”〈15〉
〈15〉
クリティカルシンキング 哲学の父と言われるルネ・デカルトは... 2021.09.22更新
エリア特集
〈27〉
再開発で見えてきた、 秋葉原・岩本町エリアの魅力とこれから。 かつては日本一の電気街として知られた秋葉原 2021.09.21更新
働く人の健康ライフ
〈9〉
相手をイラっとさせる余計なひと言 [上司のNGワード編1] どのような業態であっても、業務をスムーズに... 2021.08.26更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈9〉
高級食パン専門店 ここ2,3年、"食パン"の専門店が相... 2021.08.11更新
ワークスタイル・ラボ
〈4〉
2割の減額。それでも休みを取りますか? 選択的週休3日制の留意点 現在の日本は、ほとんどの企業が... 2021.08.04更新
企業見聞
〈26〉
成長のキーワードは新陳代謝の促進。 価値の二極化に上質をもって応えてゆく 1990年代の初頭まで、ファッション(アパレル)とギフト... 2021.07.27更新
オフィス探訪
〈8〉
職場でも"豊かな時間"を過ごせるように。株式会社タイミーのオフィス テレビCMでお馴染みのスキマバイトのマッチングサービス「Time... 2021.07.21更新
Officeオブジェクション
〈10〉
ポストコロナ時代のオフィス計画⑦ コロナ禍のマスクコミュニケーション 外出時にマスクを着用することや 2021.07.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ