エリア特集 エリア特集

エリア特集

ビジネスエリア特集 Vol.10 福岡・福岡市

グローバル都市を加速させる
福岡のMICE(マイス)戦略。

地方都市からアジアの経済都市へ

都市の個性化や独自性を高めるための一つの手段として、MICE(マイス)に取り組んでいる地方自治体は多く見られます。MICE(マイス)とは、ミーティング(会議・会合・研修・セミナー)、インセンティブツアー(報奨旅行・招待旅行)、コンファレンス(コンベンション/国際会議・大規模大会・学術学会)、エキシビション(展示会・展覧会・見本市)の英文の頭文字MICEから生まれた造語です。
MICEは、集客交流が見込まれるほか訪問客の消費性向が高く、雇用創出効果やインバウンド振興策にも繋がり、地域活性化を促し、経済効果を高めるメリットがあると言われています。このマイス戦略を積極的に取り入れアジアの経済中心地へと発展を遂げた都市がありました。福岡県福岡市です。
福岡県福岡市ビジネス街 福岡県福岡市ビジネス街 福岡県福岡市ビジネス街 福岡県福岡市ビジネス街

グローバルな政令都市・福岡

福岡市は「世界No1のおもてなし都市の実現」を掲げ、「東アジアのビジネスハブを目指す」という未来設計図の実現手段として、このMICE戦略を強化してきました。強化してきた結果、国際的な会議や国際展示会、国際交流会のほか、国内外の企業のイベント、各種学会、見本市、レセプションの開催が毎年数多く行われるようになり、新しいビジネスやイノベーションの機会創出に成功。九州の玄関口という地方都市のイメージは、やがてアジアに目を向けたグローバル都市として揺るがないポジショニングを確保することになります。

福岡市総務企画局企画調整部(以下、企画調整部)によると、今後、コンベンション施設が集積するウォーターフロント地区(中央ふ頭・博多ふ頭)を再整備し、海のゲートウェイ機能の充実を図るとともに、ホテルなどの民間施設を誘致することで、MICE機能を強化する方針だと言います。

国内外の主要都市との近接性

福岡市は、まずどの県庁所在地にも見られない地理的な優位性をすでに保持しています。国内外の主要都市と直行便が就航する福岡空港へは、市内中心地から市営地下鉄でわずかに二駅。福岡市内のオフィスのドアからソウル、上海、香港へはストレスなく向かうことができる環境が整っています。また博多港からは高速船で韓国(釜山)まで約3時間という距離です。九州新幹線も整備され、陸海空と交通手段としてはどれを利用しても良好で、"交通不便"という言葉がどこを探しても見つからないのが福岡市のロケーションです。

国内の都市で、これほどまでに交通の利便性の高さを誇れる市街はないかもしれません。国際空港、国際港湾、JR博多駅は、おおむね3キロ圏内に位置し、その中心地点が博多、天神となります。交通の要所、オフィス街、商業施設、繁華街、官公庁街、金融街、住宅街がコンパクトにまとまっているのが福岡市です。
福岡県福岡市ビジネス街

スタートアップ都市ふくおか宣言

こうしたコンパクトで住みやすい都市、世界と繋がる良好なアクセスを特長とする福岡市は、さらに九州の中でも若者や学生が多いという人材の宝庫であることを強みに、平成24(2012)年に「スタートアップ都市ふくおか宣言」を行いました。既存の産業、ビジネスに縛られることなく、斬新なアイディアから産み出す新たなる創業を市がサポートするという取り組みです。創業しやすい、チャレンジしやすい環境を創出し、すでにグローバル都市として邁進する都市の姿勢を加速させるのが狙いです

その後、福岡市は平成26(2014)年に大胆な規制・制度改革が期待できる国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されました。特区で認められた規制・制度改革や国の施策に市の施策を組み合わせることで、平成30(2018)年までに企業の開業率13%という高い基準を市は掲げます。「国家戦略特区を推進エンジンとして、国内外からチャレンジしたい人と企業が集い、新しい価値を生み続ける都市『グローバル創業都市・福岡』を目指していきたい」と企画調整部は抱負を語ります。
福岡県福岡市ストリートパーティ

天神ビッグバン

しかしながら、実際にビジネスをスタートさせるためのオフィスが足りているとは言い切れません。福岡市の主なオフィスビルの平均空室率は6%台(三鬼商事調べ・平成28年4月現在)と全国的に見ても低いのが目立ちます。そこで「天神ビッグバン」を市が発表します。企画調整部によると「特区による航空法の高さ制限の緩和に加え、市独自の容積率緩和制度などのハード、ソフト両面にわたる施策を天神交差点から半径約500メートル圏内において推進することで、天神地区に新たな空間と雇用を創出したい」と話します。

さらに「2024年までに30棟の民間ビルの建て替えを誘導し、これにより延床面積は1.7倍、雇用者数は2.4倍の増加を予想。また約2,900億円の建設投資効果、建て替え完了後からは新たに毎年約8,500億円の経済波及効果を見込んでいる」と話を続けます。
福岡県福岡市

創業するなら福岡

天神ビッグバンに続き、今年(2016年)5月からは「天神ビッグバンボーナス」を福岡市は創設。建て替えビルが魅力あるデザイン性に優れたビルと市が認定した場合、容積率緩和制度の拡大、地域金融機関による支援、市行政によるビルPRなどがインセンティブとして付加されるとのことです。

こうしたオフィスビルの建て替え支援に加えて、様々なソフト面でも創業をサポートしています。創業したい人と創業を応援したい人の交流の場として「スタートアップカフェ&雇用労働相談センター」が開設されました。また海外の優れた人材の創業活動を促進するために、在留資格(経営・管理)の取得要件を満たす見込みのある外国人の創業活動を特例的に認める「スタートアップビザ」の受付も行っています。

その他、起業家と起業家、企業人と企業人の情報交換の場として「フクオカ・スタートアップ・セレクション」を開催。新しい起業との出会い創出の場として、またビジネスマッチングの可能性を高めるイベントとして注目されています。ハード面とソフト面の両軸で、より一層のグローバル都市を加速させる福岡市の今後に注目です。
福岡県福岡市スタートアップカフェ

取材手記

天神ビッグバンは略して天神BB、さらに天神ビッグバンボーナスは天神BBB。その勢いある戦略タイトルが無駄に一人歩きすることなく、むしろタイトルは市民とともに一体となり、福岡市全体が活性化している様子が感じられます。天神交差点を中心とした新たな経済の鼓動は九州全体に広がり、やがては日本全体、さらにアジア全体にまで広がっていくことも夢ではないかもしれません。
*平成28(2016)年4月の熊本地震に際し、この場を借りましてお見舞い申し上げます。編集部ライター・渡部恒雄
三重県津市フェニックス通り
福岡 支店、支社、出張所、営業所、分室など、事務所開設・オフィス探しは・・・インターネットで簡単検索
■記事公開日:2016/06/20 ■記事取材日: 2016/05/16 *記事内容は取材当日の情報です
▼編集部=構成 ▼編集部ライター・渡部恒雄=文・撮影 ▼KAME HOUSE=イラスト地図 ▼取材協力・空撮等資料提供=福岡市総務企画局企画調整部・福岡市(FumioHashimoto)

過去の記事

働く男の健康ライフ
〈5〉
コロナ禍とリーダーシップ 「批判はあろうが、責任はすべて知事の私が負う」... 2021.01.13更新
若手のための
“自己キャリア”〈13〉
〈13〉
インサイドセールス入門 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って... 2020.12.23更新
企業見聞
〈24〉
伴走型コンサルティングで、 サスティナビリティをビジネスにする。 2017年4月に神奈川県葉山町で創業した株式会社SEE THE SUN... 2020.12.21更新
Officeオブジェクション
〈6〉
ポストコロナ時代のオフィス計画③ テレワークの導入とオフィス再考 『テレワーク定着へ テコ入れ。実施率伸び悩み 冬のスムーズビズ開始』... 2020.12.08更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈16 コロナを生き抜く②〉
〈16 コロナを生き抜く②〉
逆境を乗り切る神様の知恵 困難こそ発展の好機。これは松下幸之助の言葉です... 2020.12.01更新
リーダーズ・アイ
〈10〉
将棋棋士 杉本昌隆の視点 いずれも劣らぬ天才たちの"静かなる攻防"に手に汗握る将棋の世界... 2020.11.19更新
領国経営
影の実力者たち〈10〉
〈10〉
組織の維持や繁栄に貢献した戦国の女たち 小松殿・阿茶局・妙印尼 戦国時代には、歴史を作るたくましさを備えた女性たちが... 2020.11.09更新
Officeオブジェクション
〈5〉
ポストコロナ時代のオフィス計画② 時差通勤と鳥取型オフィスシステム 「東京の朝を、変えるぜよ。」これは"満員電車ゼロ"を... 2020.11.06更新
オフィス探訪
〈6〉
RPAによる働き方改革を!ディップ株式会社『デジレバ』 「バイトル」、「バイトルNEXT」、「はたらこねっと」... 2020.11.04更新
リアル・ビジネス
英会話〈18〉
〈18〉
you are wrong. 反論or人格否定 アメリカのビジネスシーンでは、ミーティングや... 2020.10.29更新
働く男の健康ライフ
〈4〉
新入社員の心の壁"固定電話恐怖症" 若いころ、連絡手段が電話しかなかったオジサマ世代にとっては... 2020.10.22更新
Officeオブジェクション
〈4〉
ポストコロナ時代のオフィス計画① 非接触型オフィスの実現 緊急事態宣言が解除されて約5か月、自宅待機や... 2020.10.21更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ