シリーズ清野裕司の談話室Vol.2 シリーズ清野裕司の談話室Vol.2

シリーズ清野裕司の談話室Vol.2

"知識"は未来を創らない。躍動する"意識"が未来を拓く

理屈だけでは解決できないことが多く登場しているのが、ここ10年ほどのビジネスの現場です。このような施策を展開すれば、顧客は間違いなく動いてくれるはずだと思うのだが、その通りの結果が生まれてこない。予期せぬことばかりで、益々不安になります。
そのような時は、これまで蓄えてきた知識が、何とも頼りないことかを思い知らされるわけで、表層的に「知っている事実」よりも、心底思い込んだ「まだ見ぬ未来」を実現させようという深層的な意識の方が、どれほど人の心を動かす力になるかを思い知らされる時でもあります。
それこそ渋沢栄一の時代から、「ビジネスには創造的な行動が必要」と言われてきました。変化に適応するためには、変化自体に敏感でなくてはならない。ぼんやりと流れ去る時の中に身を置いていたのでは、単に車窓から眺める景色の移り変わりを見ているようなものに過ぎないのだと。そこで今回は、ビジネスの未来を拓く"躍動する意識"にフォーカスしてみたいと思います。

普遍的なビジネススキル「現場力」

ビジネスにおいて言い伝えられてきた言葉の1つに「現場百回」があります。何事も、現場で起きている事をつぶさに見ることによって、改めて新しい発想や方法が生まれてくることを言います。目まぐるしく状況が変わる現場には、机上の取りまとめには止まらないプラスαの何かがある。事実、日本のビジネスモデルの多くは、この「現場力」を背景にして成り立ってきました。そしてそれは、デジタル化が進む今も"不変的なビジネススキル"と言うことができます。

少し横道に逸れますが、先の衆院選では、インターネットによる選挙運動の効率化を主張してきた初代デジタル相が、選挙戦の風向きが悪いと見るや地元を練り歩き、「どぶ板」選挙を展開。ネット社会とは縁遠い高齢の有権者を前に、「皆さん、助けてください!」と叫んでいました。結果的には比例で復活したものの、小選挙区では「あなたは現場(選挙区)のことを分かっていない」と、有権者から「NO」を突き付けられた次第です。選挙とビジネスではスキームが異なりますが、"表層的な知識ばかりで躍動感に欠ける人の脆弱さ"といった点においては、極めて象徴的な出来事だったように思います。

トヨタに学ぶまだ見ぬ未来の拓き方

現場力を武器にした躍動感あふれる企業と言えば、まず思い浮かぶのがトヨタです。トヨタの経営はまさしく世界基準。経営やマーケティングを学んだ方には"耳タコ"でしょうが、「なぜトヨタは強い企業なのか」を簡単に説明したいと思います。

第一の着目点は、「改善意識」です。皆さんはこれまで、何か新しいことを始めようとした時、リスクを先に考えて、なかなか一歩が踏み出せないという経験はないでしょうか。それは、最初から大きな枠組みで動こうとしていることが原因です。最初は小さな枠組みで取り組めば、変化も小さく、仮に失敗しても小さな痛手で済みます。トヨタの仕事の流儀はまさにこの方式で、まずは身近な「作業」「設備」「工程」から改善をおこない、徐々にその範囲を広げ、最終的には組織全体の改善に繋げてゆくというものです。
第二の着目点は「行動意識」です。トヨタの経営姿勢は「改善は巧遅より拙速を尊ぶ」というもの。作業も決断も早いほどメリットが多く、スピード感のある仕事をするためには、常日頃から自分の仕事について熟慮しながら行動すべしとしています。つまり、日々の仕事の中で拙速と改善を繰り返してゆくことで、個々の現場力が鍛えられ、「水素エンジン」のようなリアルな未来を語ることができるようになるのです。

躍動的な今日の連続で良き未来を築く

ただし、未来については予測することしかできません。やがて起きるであろうことを想定して、目指すべき姿と現在の姿の間にあるギャップを埋めるための方策を練り、ゴールまで順を追って小刻みに実行の手筈を整えてゆく長期戦でもあります。

では、「長期」とは、どれほど先のことを言うのか。かつては10年計画などの言葉も聞かれましたが、最近はそこまで先のことを語る場面に遭遇することがなくなりました。私の感覚では、せいぜい3年をもって「長期」というケースが多いように思えますし、イトーヨーカドーグループの前CEO鈴木敏文氏によれば、「明日」という日に向けて打つ手を考えることが「長期である」といった指摘もあるほどです。

いずれにしても、明日のことは誰も知る由がありません。だからといって、その時に起きた現象に対応するだけでは新しい世界は広がってゆきません。「今日よりもっと良く」という意識を持ち続けていれば、違った自分を発見できるかも知れない。良き未来を創造するのは、躍動的な今日の連続に他なりません。

清野裕司のmarketing eye

"拙速と改善の繰り返しで現場力が鍛えられると、
リアルな未来を語ることができます。"

Yuji Seino
清野裕司


1947年生まれ。1970年慶應義塾大学商学部卒業マーケティングを専攻 。商社、メーカーにてマーケティングを担当し、1981年(株)マップスを創設。現在、同社の代表取締役。マーケティング戦略の立案、商品・店舗の開発支援、営業体制の整備、ブランド開発、スタッフ養成の研修まで、業種業界を超えたマーケティング・プランナーとして、2500種類のプロジェクト実績。

株式会社マップス ホームページ:http://www.mapscom.co.jp

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2021/11/11
▼構成=編集部 ▼文=清野裕司 ▼画像素材=PIXTA

過去の記事

ビジネスマンのメンタルヘルス
〈13〉
過干渉上司の心理と付き合い方 部下に指示を出しつつ仕事を... 2022.06.28更新
Officeオブジェクション
〈14〉
オフィスにFSC森林認証紙の導入を 5月29日、群馬県高崎市と栃木県佐野市で... 2022.06.27更新
オフィス探訪
〈12〉
オフィス環境は常にアップデートしていく クラウドサーカス株式会社 2020年初頭から全世界に蔓延していった新型コロナウイルス感染症。そ... 2022.06.20更新
若手のための
“自己キャリア”〈17〉
〈17〉
決断力 東日本大震災に伴う 2022.05.30更新
エリア特集
〈30〉
大規模再開発で 新たな街に生まれ変わる 浜松町・竹芝エリア 東京の湾岸エリアに位置する浜松町が、 2022.05.24更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈22〉
〈22〉
ビジネスパーソンの「のうりょく」を考える 最近は書店で「能力」や「脳力」... 2022.05.16更新
リアル・ビジネス
英会話〈23〉
〈23〉
that's a cool tie 相手を褒める 欧米のビジネスシーンにおいて 2022.05.09更新
オフィス探訪
〈11〉
陸連の顔として、来訪者に胸を張れる拠点でありたい 日本陸上競技連盟 陸上競技の価値創造(国際競技力向上、ウェルネス陸上の実現、競技会運営... 2022.04.26更新
ワークスタイル・ラボ
〈7〉
信頼に基づいた新しい組織形態 ホラクラシー型組織とは 役割と役職がピラミッドのように定められた... 2022.04.14更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈12〉
相手の話を聴けていますか? 傾聴のススメ 芸人のカンニング竹山さんが出演する... 2022.04.11更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈11〉
期間限定 ハーゲンダッツのニューフレーバー新発売! 多くの人は「限定」という言葉に弱い... 2022.03.29更新
企業見聞
〈28〉
『世の中から卒業をなくす』をミッションに、社会のリテラシー向上に尽力する。 終身雇用制度が崩壊しつつある日本では... 2022.03.22更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ