リアル・ビジネス英会話 #12

Do you have a moment? 多忙な相手に話しかける

話したいことがあって、忙しそうな相手に声かけをする場合、日本では「今、ちょっといいですか?」と
前置きするのが礼儀です。これは海外のビジネスシーンでも同じような言い回しがあります。
海外赴任をしたばかりのビジネスパーソンの中には、話の糸口をつかむためにExcuse meを多用する方がいますが、これはあまり好ましくありません。
基本的にExcuse meは"軽度の謝意"を示す言葉。ビジネスシーンに限って言えば、相手の話を途中で
遮ったり、急いでいる同僚を呼び止めたりする場合に使うのが妥当と考えられます。
そこで今回は、相手の都合を確認して、話の糸口をつかむフレーズをご紹介します。


忙しそうにしている相手に話しかける場合は、相手の職位や、引き止める時間の長さ(内容の重要度)に
よって言い回しを変えるようにしたいものです。

たとえばあなたが、取引先からの提案に対して、A案かB案かに決めかねていたとしましょう。
そこで同僚の意見を少しだけ聞いてみたい。そんなときは次のように切り出すと良いでしょう。
Do you have a moment ? / Do you have a minute ?(ちょっといいかな?)
それぞれの単語を直訳すれば、momentは「瞬間」、minuteは「分」ですので、文字通りに考えればmomentの方が短いように思えます。
しかし実際にはほぼ意味合いは変わらず、感覚的には、数十秒から2、3分くらいで解決できるような
話題の場合は、これらのフレーズを使うことが一般的と言えるでしょう。


一方、致命的なミスが発覚して、上司に報告しなければならなくなったとしましょう。
事後対策も含めて話が込み入ったものになるのは必然です。
そのような場合は次のように切り出したいものです。
Do you have time now ?(今、よろしいでしょうか?)
こう切り出されれば、上司の方でも「これは込み入った話だな」と察するはずです。
会議室に場所を移して話したい内容の場合には、こちらのフレーズが妥当と言えるでしょう。

急を要する内容であることを強調するために、ここではあえて最後にnowをつけていますが、
省略してDo you have time ?も同じような意味で伝わります。


ただその場合、1つ気をつけたいのは、次のような言い間違えです。
Do you have the time ?(今、何時ですか?)
timeの前にtheを入れてしまうと、中学生で習ったWhat time is it now ?と同じ意味になります。
かしこまった表情で、時間を尋ねるあなたを見て、上司は「???......」ということになってしまいます。

Attention!
構文の基本骨格は、Do you have ...?(ありますか?)の後に、moment(瞬間)/minute(分)、time(時間)を置き換えて表現するだけです。たったそれだけでも、相手は話しを聞く心構えも態度も変わります。ぜひとも覚えて使い分けたい、ビジネス英会話の定番フレーズです。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/05/13
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼協力=K・Wakamatsu(大手旅行会社海外支店勤務歴) ▼写真=PIXTA

過去の記事

オフィス探訪
〈10〉
前衛的であり、ヒューマンライクでもある 株式会社バズったーのオフィス。 株式会社バズったー 「SEO×プロモーション」や「SEO×コンテンツマーケティング」など... 2022.01.19更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈21〉
〈21〉
選択と集中は、有効な経営戦略なのか 20年近くにわたって経営トップ... 2022.01.18更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈11〉
コンプレックスとの付き合い方 コンプレックス(劣等感)は過度になると... 2022.01.13更新
Officeオブジェクション
〈12〉
企業価値を高める!健康経営オフィス 「健康経営オフィス」という言葉が... 2022.01.11更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈10〉
宮内庁御用達のビニール傘 喜んでもらえるモノを選びたいと思う... 2021.12.20更新
エリア特集
〈28〉
新幹線の札幌延伸を睨み 大規模な再開発ラッシュに沸く 札幌市 2030年度末に予定されている北海道新幹線 2021.12.17更新
企業見聞
〈27〉
100人に1人に刺さる製品づくりで、 クラフトビール業界を牽引する 人生初の"お酒"といえば、多くの人がビールを... 2021.11.26更新
オフィス探訪
〈9〉
意欲あるメンバーがストレスなく働けるように。 株式会社アトラエのオフィス 成功報酬型求人メディア『Green』や... 2021.11.15更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈20〉
〈20〉
"知識"は未来を創らない。躍動する"意識"が未来を拓く 理屈だけでは解決できないことが多く... 2021.11.11更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈10〉
ストレスをコントロールしてタフになる 国会議員をめぐる不祥事が後を絶ちません... 2021.10.28更新
ワークスタイル・ラボ
〈5〉
70歳まで働くためにキャリアをリセット 『40歳定年制』というワークスタイル 1986年に成立した高齢者雇用安定法... 2021.10.18更新
リアル・ビジネス
英会話〈21〉
〈21〉
stand by / support 支持する ひとクセありそうな候補者たちが... 2021.10.07更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ