リアル・ビジネス英会話 #8

At your earliest convenience. どう書く?お決まりのビジネスフレーズ

英文でメールを書こうとして、ふと「この日本語、英語でなんて書いたらいいのだろう?」と手が止まってしまう。日本のビジネスメールではお決まりのフレーズであっても、英語だとぴったりの表現が分からないという方も多いようです。そこで今回は、ビジネスメールで役立つ表現をいくつかご紹介します。

英文メールではDear...と相手に呼びかけた後、用件を切り出しても失礼にはあたりません。しかし「いつもお世話になっております」から始まる日本のメールに慣れた方には「抵抗がある」という方も少なくありません。

そんな時には、
I hope this email finds you well.(お元気でお過ごしのことと思います)
という挨拶文で始めると良いでしょう。

メールに返信する場合なら、
Thank you for your email.(メールをありがとうございました)
という出だしが、シンプルでおすすめです。

その後は、Regarding ~( ~の件ですが)と用件を切り出すとスムーズです。
Regarding the last meeting, ...(先のミーティングの件ですが)
Regarding the new project, ...(新規プロジェクトの件ですが)
など、「 ~」の部分を入れ替えると幅広い場面で使えます。


そしてメールの最後の件で「お手すきの際にお返事ください」と書く場合があります。
そんな時におすすめなのは、
at your earliest convenience.
直訳は「あなたの最も都合の良い、早い時に」ですが、「なるべく早めに」「ご都合のよいときに」といったニュアンスで、便利に使える表現です。
I look forward to having your reply at your earliest convenience.
(お手すきの際にお返事をいただけたら助かります)
ここで注意したいポイントをひとつ。
Please reply this email at your earliest convenience.
このように、「Please+命令文」という形の文にならないようご注意ください。
pleaseをつけると何でも丁寧な文章になるのではと思われがちですが、
その後に命令文が続くと「お返事いただけますよね」という強制的な意味合いになってしまいます。

これからのビジネスシーンでは英語は不可欠。英文でのメールをやり取りする機会もきっと増えるはずです。 その時、いくつかの文章パターンを知っておくとビジネスメールは書きやすくなります。
そこで、英文メールが来たときは相手の表現をマネして使ってみましょう。
パターンの引き出しが増えれば、手が止まることもなくなります。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 www.miki-shoji.co.jp
■記事公開日:2018/05/02
▼構成=編集部:吉村高廣 文=中村光代(企業広告・新規事業開発・海外向け事業等のコンサルタント)

過去の記事

リアル・ビジネス
英会話〈30〉
〈30〉
Sit down please 気をつけたいPlease5選 .marker { -webkit-transform... 2024.05.28更新
エリア特集
〈36〉
リニア時代に備え、強い経済力と持続可能な街づくりが進む .other-area{ border: 2px so... 2024.05.28更新
駅チカビル
〈11〉
横浜の美しいウォーターフロントであり 代表するビジネスエリアでもある 横浜高速鉄道みなとみらい線と... 2024.05.28更新
オフィス探訪
〈19〉
"雑多"な空間から創造性が湧き出る日清食品ホールディングス株式会社のオフィス 日清食品グループは1958年に発明された... 2024.04.30更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈22〉
近ごろ耳にする「スルースキル」ってなんだ? ビジネパーソンにとって大きなストレス因子に... 2024.04.30更新
駅チカビル
〈10〉
継続的に経済活力を生み出し続ける躍動するビジネスエリアへ 約110万人の人口を擁する東北最大... 2024.04.30更新
時事考論
〈4〉
株価高騰とマイナス金利解除 3月4日の東京株式市場は... 2024.04.30更新
若手のための
“自己キャリア”〈22〉
〈22〉
催促メールの送り方 打ち合わせ日時の打診や委託した... 2024.03.27更新
駅チカビル
〈9〉
新幹線延伸で再開発に沸く札幌駅周辺エリア モビリティ、オフィス環境、BCPに優れたビジネス街に 札幌駅周辺エリアでは、2030年度の... 2024.03.25更新
エリア特集
〈35〉
大阪の都市機能が頂点に!主要ビジネスエリアの再開発 $(document).on('ready', function() { ... 2024.03.25更新
オフィス探訪
〈18〉
世界から注目される最先端のワークプレイスを 兼松株式会社 東京本社のオフィス 兼松株式会社は、2022年11月に東京本社を... 2024.02.28更新
ワークスタイル・ラボ
〈15〉
BPOで人手不足を解消して、経営品質を向上させる 働き方改革関連法によって、2020年4月から... 2024.02.26更新
文字サイズ