リアル・ビジネス英会話 #23

that's a cool tie  相手を褒める

欧米のビジネスシーンにおいて褒め言葉は、
コミュニケーションを円滑に進めるための大事なエレメントです。
褒め言葉を自由に操れるビジネスマンは
"職場の中心人物"というケースも少なくありません。
ビジネスシーンに限らず日常生活の中でも、
会話の中に上手に褒め言葉を挟める人は好印象を与えます。
そこで今回は、日本人が欧米人とコンタクトした時、
すぐに応用できて"わざとらしくならない褒め言葉"を紹介します。

1.身に付けているネクタイを褒める
職場トークで頻出するのが、着ている服や持ち物に対する褒め言葉です。スーツや時計、バッグ、靴などが一般的ですが、アメリカのビジネスシーンでは「ネクタイを褒めれば当たり障りがない」と言われます。
that's a cool tie.    かっこいいネクタイだね。
やや砕けた印象を与えますが、シンプルかつ最もスタンダードな表現です。

I like your tie.    素敵なネクタイですね。
褒め手の主観を強調する表現です。目上の人に対してはこちらが妥当です。

That tie look great on you.    そのネクタイ、とてもよく似合っていますよ。
ネクタイを褒めるのではなく、それを身に付けている相手自身を褒める表現になります。

※明確な線引きはありませんが、あえて言うなら、cool=同僚、like=上司、look great on you=顧客と使い分けても良いでしょう。ちなみにcoolはスラングですが一般化されている表現です。
また、注意したいのは、It's a tie that looks expensive.(高そうなネクタイですね)など、高価であるか否かは褒め言葉として相応しくありません。


2.仕事と向き合う若手を褒める
仕事上の褒め言葉は、部下の成長や成果に対してよく使われます。逆に、上司の成果を部下が褒めることはほぼありません。成果主義のアメリカでは、高額なサラリーを得ている上司は成果を出して当たり前。
このあたりは日本以上にシビアです。
A)You are improving.    確実に良くなっているよ
B)That's quite an improvement.    ずいぶん改善されたね。
部下や後輩のスキルアップを褒める"鉄板表現"の2つです。どちらもとてもよく使われます。
Aに比べてBは「まだ改善する余地あり」というニュアンスを強く含んだ表現になります。

Keep it up!    この調子で頑張れ!
これも鉄板表現です。ビジネスシーンのみならず、学校やスポーツ、あらゆるシーンで使われます。

We'll go with this. It's a good plan.    これで進めよう。よくできた企画だ。
良かったところを具体的に褒めると、若手のモチベーションが上がります。


3.会話が勢いづく"褒め相槌"
会話の中で言葉以上にモノを言うのが"褒め相槌"です。タイミングよく合いの手(相槌)を入れると会話は盛り上がりスムーズに運びます。そこに褒める要素が含まれていればなおの事。ネイティブがよく使う褒め相槌のバリエーションを紹介します。

Exactly.    まさしく
That's right.    おっしゃる通り
Good thinking.    それ、名案だよ
Sounds good.    それはいいね
Awesome.    最高だね
He's not bad.    なかなかやるじゃない
I agree.    それはもう賛成だよ
Great.    すごいじゃない!
That's something!    それはすごい!
I can't imitate.    真似できないよ
Seriously?    ホントに?
I see!    なるほどね!
Empathize.    それ、わかるなぁ
Good for you!    よくやったね
You're smart.    賢いな

Point
相手のいいところを見つけたら、短い言葉でいいので積極的に褒めるべきです。欧米(特にアメリカ)では、相手を褒めることは、敵意がないことを伝えるサインでもあり、会話が弾むようになると思います。
1つ気をつけたいのは、容姿や年齢についてはアンタッチャブルです。日本以上に多様性を尊重する文化が根付く欧米では、「褒めたつもりがハラスメントで訴えられた」などということにもなり兼ねません。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 www.miki-shoji.co.jp
■記事公開日:2022/05/09
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼協力=K・Wakamatsu(大手旅行会社海外支店勤務歴) ▼写真=AdobeStock

過去の記事

エリア特集
〈32〉
新しい文化が融合した エネルギッシュなビジネスタウンへ 時代の流れと共に進化してきた川崎のいま 2022.11.28更新
オフィス探訪
〈13〉
ペット保険業界のイノベーター アイペット損害保険株式会社のオフィス アイペット損害保険株式会社(以下アイペット損保)は... 2022.11.16更新
Officeオブジェクション
〈16〉
ペットフレンドリーというオフィスの在り方 Amazonの米国本社では、創業当時から... 2022.11.01更新
リーダーズ・アイ
〈12〉
株式会社トーチリレー代表 神保拓也の視点 元ファーストリテイリングの最年少上席執行役員として... 2022.10.24更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈15〉
打たれ弱い若手社員と、どう向き合うか。 2002年にSMAPが歌って大ヒットした... 2022.10.19更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈13〉
幻の生、復活。 ノドごしでもなく、コクやキレでもなく... 2022.10.06更新
ワークスタイル・ラボ
〈9〉
インボイス制度を睨み請求書を電子化する ここ近年、作業の効率性やコストの面を考えて... 2022.09.22更新
若手のための
“自己キャリア”〈18〉
〈18〉
空気を読む力 人が集まればその場なりの... 2022.09.15更新
リアル・ビジネス
英会話〈24〉
〈24〉
Realize/Notice 英単語の使い分け 見ると観る。どちらも「みる」と読みますが... 2022.09.08更新
エリア特集
〈31〉
東京第3の副都心・池袋 急ピッチの再開発で街が変わる! 新宿、渋谷と並ぶ3大副都心1つとして商業機能を 2022.08.25更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈14〉
断れない人のメンタルレスキュー 新聞の投稿欄に次のような声が... 2022.08.22更新
Officeオブジェクション
〈15〉
働き方を迅速に変えるアジャイルオフィス オフィスデザインの進化形の一つである... 2022.08.12更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ