リアル・ビジネス英会話 #16

In a nutshell  覚えておきたい!頻出イディオム

このシリーズの#9でもLessonした通り、ビジネスシーンでネイティブはイディオム(慣用句)を多用します。イディオムを覚えるとボキャブラリーが増えて会話の幅が広がるだけでなく、相手の話を理解しやすくなります。裏を返せば、イディオムを知らなければ相手の話を正しく理解できないこともあるわけです。
ただイディオムは、単語本来の意味通りに直訳しても理解できないため、それぞれのパターンで暗記するしかありません。そこで今回は、とくにビジネスシーンで使われやすいイディオムを紹介します。
① In a nutshell(ひと言で言えば)
In a nutshell, Japanese are hard workers.
ひと言で言うと、日本人は努力家なんです。
nutshellを直訳すると「木の実の殻」という意味です。
つまり「木の実の殻に入るほど小さく言うと」というニュアンスから、物事をコンパクトに伝える場合に用いられます。結論から伝えることが多いビジネス英語では、とても使い勝手の良い便利なフレーズです。


② Ballpark figure(概算)
Please give me a ballpark figure.
概算でいいので見積をください。
シリーズ#9同様に「野球由来のイディオム」です。ballparkは文字通り「野球場」、figureは「数字」を意味します。
ではなぜ、ballparkが「概算」となるのか......全てが大規模のアメリカの野球場に例えて「大雑把でいいから値段を知りたい」という時に用いられるアメリカらしいイディオムです。


③ touch base(後で連絡する)
I'm busy right now, I'll touch base later.
今はバタバタしているので、後で連絡しますね。
文字通りに考えれば日本語には訳しようがないtouch baseも、英語のイディオムでは「連絡をする」と解釈します。 laterの代わりに、tomorrowなど、連絡するタイミングを入れ替えて使うこともできます。
ただし「後電話をする」と明言する場合はcall you laterが相応しいでしょう。


④ take it with a pinch of salt(話半分に聞く)
I'll take it with a pinch of salt.
話半分で聞いておきますね。
take it with a pinch of saltを直訳すると「塩をひとつまみ加えて食べる」という意味になります。
つまり、話の中身が「味気のない=大して内容がない」あるいは「誇張されてる」場合に、若干の皮肉を込めて「話半分で聞く」という意味で使われます。


「この企画ならイメージ戦略も収益も一石二鳥だと思っていたんだけど、先方が頭の固い人でなかなか腹を割った話ができないんだよ...」
こういった慣用句だらけの会話は外国人は理解できません。同じように、ある程度英語に自信がある方でも、会話にイディオムを挟まれると「何のこっちゃ?」となることがあります。しかも厄介なことに、基本的な単語ですらイディオムの知識がなければまるで理解できないということにもなり兼ねません。ビジネスで使える英語を身に付けようと思うなら、より多くのイディオムをストックしておくことが大切です。
オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2020/05/12
▼構成=編集部:吉村高廣 ▼協力=K・Wakamatsu(大手旅行会社海外支店勤務歴) ▼写真=PIXTA

過去の記事

オフィス探訪
〈10〉
前衛的であり、ヒューマンライクでもある 株式会社バズったーのオフィス。 株式会社バズったー 「SEO×プロモーション」や「SEO×コンテンツマーケティング」など... 2022.01.19更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈21〉
〈21〉
選択と集中は、有効な経営戦略なのか 20年近くにわたって経営トップ... 2022.01.18更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈11〉
コンプレックスとの付き合い方 コンプレックス(劣等感)は過度になると... 2022.01.13更新
Officeオブジェクション
〈12〉
企業価値を高める!健康経営オフィス 「健康経営オフィス」という言葉が... 2022.01.11更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈10〉
宮内庁御用達のビニール傘 喜んでもらえるモノを選びたいと思う... 2021.12.20更新
エリア特集
〈28〉
新幹線の札幌延伸を睨み 大規模な再開発ラッシュに沸く 札幌市 2030年度末に予定されている北海道新幹線 2021.12.17更新
企業見聞
〈27〉
100人に1人に刺さる製品づくりで、 クラフトビール業界を牽引する 人生初の"お酒"といえば、多くの人がビールを... 2021.11.26更新
オフィス探訪
〈9〉
意欲あるメンバーがストレスなく働けるように。 株式会社アトラエのオフィス 成功報酬型求人メディア『Green』や... 2021.11.15更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈20〉
〈20〉
"知識"は未来を創らない。躍動する"意識"が未来を拓く 理屈だけでは解決できないことが多く... 2021.11.11更新
ビジネスマンのメンタルヘルス
〈10〉
ストレスをコントロールしてタフになる 国会議員をめぐる不祥事が後を絶ちません... 2021.10.28更新
ワークスタイル・ラボ
〈5〉
70歳まで働くためにキャリアをリセット 『40歳定年制』というワークスタイル 1986年に成立した高齢者雇用安定法... 2021.10.18更新
リアル・ビジネス
英会話〈21〉
〈21〉
stand by / support 支持する ひとクセありそうな候補者たちが... 2021.10.07更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ