若手のための“自己キャリア”

#7 プレゼン力

お手本は、池上彰さんの語りの技術

プレゼンテーションの名手といえば、まず思い浮かぶのがAppleの創業者、故・スティーブ・ジョブズ氏。2007年のiPhone発表時のプレゼンはもはや伝説になっています。グローバル展開する企業では、新製品や新サービスのお披露目にあたって、この時のプレゼンをお手本にするCEOが少なくありません。
しかし、ジョブズのような"劇場型プレゼンテーション"は、あまりにもパッショナブルで、私たちが日頃行う営業プレゼンには参考になりません。そこで、ビジネスパーソンにぜひともお手本にしていただきたいのが、池上彰さんの"語りの技術"です。
今回は私の主観と解釈で、その代表例を2つご紹介します。

Ex.1「さあ...」という話のつなぎ方
池上さんはよく、本題に入る直前に「さあ」という言葉をはさみ、話の流れを一段ギアアップします。例えば「近ごろは水道の水が格段に美味しくなった。さあ、そこで飲料メーカーも考えたわけです」といった感じです。これを日頃の営業プレゼンに応用するなら「イニシャルコストは他社と変わりません。さあ、肝心なのはここです。ランニングコストに注目してください...」という使い方ができます。どちらの例文も「さあ」を抜いても意味は通じますが、差別化のポイントを切り出す場合は、直前に「さあ」と言って一呼吸おき、相手に話を聞く心構えを促しておいてから、一気に本題を畳みかけてゆく話法です。

Ex.2「...ですよね」という話の締め方
これぞ"池上話法の真骨頂"と言えるのが、話の最後に「ね」をつけた締めくくり方です。比較するものがあって、一方をやんわりと勧めたい場合などはこれが大変有効です。例えば「Aはお値段が張りますが作りはしっかりしています。逆に、Bはお安めですがやはり作りはそれなりです。さあ、いかがでしょう。長く使うことを考えれば、やはりAになりますよね」といった感じです。相手の思いが揺らいでいる時は強気に押さず、「あなたの気持ちは分かっていますよ」と寄り添う態度を示せば、押しつけにならず、安心感と説得力が生まれます。それを池上さんは、最後に「ね」をつけて締めくくる話法で実現しています。

POINT

池上彰さんの語り口に"やさしさ"を感じる方は少なくないと思います。実はここが池上さんの語りの上手さです。実際の池上さんは「歯に衣着せぬ」という言葉がピッタリくるほど、厳しいところを鋭く突っ込むジャーナリストです。それでいて嫌味が感じられず、万人に受け入れられるキャラクターを保っているのは卓越した話術を持っているからに他なりません。つまり、やわらかな言葉遣いで"やさしさ"を醸し出し、視点の鋭さをカモフラージュしていると考えられます。同様に、目論見があってプレゼンをするのでも、印象の良し悪しで説得力が変わります。こうした部分は池上さんの語りが大いに参考になります。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

プレゼンテーションは論理的に行うことが大事だと言われます。それに異論はありませんが、倫理的であることを勘違いして、話を手短に済ませようとする方が少なくありません。結果、各論だけの羅列になって、どこが大事なポイントなのかが全くわからない話になってしまう。これではせっかくのプレゼン機会が台無しです。プレゼンに大事なのはストーリーです。そのストーリーを上手に展開するために必要なのが"語りの技術"です。今回は池上さんの語り口の特長から、多くの場面で応用できる2つの例を"話法"としてご紹介しました。この2つを使いこなせるようになれば、プレゼンに説得力が生まれるはずです。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2019/05/20
▼構成=編集部 ▼文=吉村高廣 ▼画像素材=PIXTA

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈18 コロナを生き抜く④〉
〈18 コロナを生き抜く④〉
マーケティング再考 ひと頃、「2020年問題」という言葉... 2021.04.15更新
若手のための
“自己キャリア”〈14〉
〈14〉
タイムマネジメント 皆さんは"タイムマネジメント"という言葉を... 2021.04.12更新
ワークスタイル・ラボ
〈2〉
成功体験や勘ではなく、データ主導の営業へ! データドリブン営業の基礎知識 この1年ほど、経済誌などで「データドリブン」という言葉を... 2021.04.05更新
企業見聞
〈25〉
激変するライブ・エンタテイメント市場に、 新しい価値を創出し続ける。 ライブ・エンタテインメント調査委員会のレポートによると... 2021.03.24更新
Officeオブジェクション
〈8〉
ポストコロナ時代のオフィス計画⑤ 時短化で接触減に。スタンディング会議 プロジェクトで仕事をしていて仕掛案件が佳境に入ると... 2021.03.09更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈8〉
GLEN CLYDEのソックス 私が子どもの頃は、靴下のつま先に穴が空いても... 2021.03.02更新
働く人の健康ライフ
〈6〉
コロナ禍で"承認欲求"をいかに満たすか 解剖学者で400万部を超えるベストセラー『バカの壁』... 2021.02.25更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈17 コロナを生き抜く③〉
〈17 コロナを生き抜く③〉
消費者はどんなモノを求めているのか いいクルマや高級時計などには興味がないし... 2021.02.16更新
オフィス探訪
〈7〉
何をするかより 、誰とするか、どこでするか 。面白法人カヤックの新社屋 まずは、自分たちが面白がろう。つぎに、周囲からも... 2021.02.10更新
リアル・ビジネス
英会話〈19〉
〈19〉
I can't make it. 誘いを断る 海外勤務が間もないビジネスマンにとって悩ましいのが... 2021.02.03更新
Officeオブジェクション
〈7〉
ポストコロナ時代のオフィス計画④ 緊急事態宣言発出! テレワーク再び 誰もが予想していた通り、2021年1月8日に... 2021.01.27更新
エリア特集
〈25〉
将来の利便性が期待でき、 これからの時代に相応しい街づくり 仙台市 東北地方の商業の中心的役割を担ってきた仙台市... 2021.01.26更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ