若手のための“自己キャリア”

#10 人脈づくりは金脈づくり

人脈はビジネスパーソン最強の武器

反社会勢力との関りを発端に大きく揺れた芸能界。そのきっかけをつくったのは、あるお笑い芸人の"黒い人脈"でした。その芸人はあらゆる業界に顔が利き、それを利用して上下関係の厳しい芸能界にあって独自の地位を築き、大いに稼いでもいたそうです。結果的には、その人脈の使い方を間違えて芸能界から退場を余儀なくされたわけですが、4000人とも5000人とも言われる顔の広さにはただ驚くばかりです。

ビジネスパーソンも幅広い人脈があれば仕事を進める上で大きなアドバンテージになります。人脈を増やすこと自体に価値があるわけではありませんが、あらゆる仕事に「協働」が求められる昨今は、異なるスキルやセンスを上手に活用できれば、自分の専門性を活かしたり、アイディアを具現化する機会をより多く得ることができます。ビジネスで成功している人は例外なく人脈づくりにも長けていて、多彩なパイプをフル活用して金脈を掘り当てているものです。

人から紹介してもらったり、異業種交流会やネットワークパーティーなどに参加してみたり、SNSで業界や職種・趣味など話題が共有できそうな人を見つけて直接コンタクトしてみるなど、人脈づくりにはさまざまな方法があります。わずか1年間でも、こうした働きかけを積極的に続けていれば、多様な肩書の人と出会えるはずです。このときにしっかり考えていただきたいのが、「親しくなる目的」と「出会った相手との付き合い方」です。

無目的にいろんな人と出会ってもただ名刺が増えていくだけで、その名刺を見ても顔が思い出せないなんてことも...。これではキャリアアップにつながる人脈づくりはできません。ビジネスにおける人脈の価値は、お互いの利害関係と信頼関係によって育まれます。そのためには、上っ面だけの付き合いではなく、相手にとって自分がどんな存在になれるかをも考えて、互いに強みを与え合いながら、ビジネスパートナーとしての関係を深めてゆくことが肝心。これが"人脈を金脈"に変える第一歩です。

POINT

どのような間柄であっても「人間関係はWin-Winであること」が基本です。ビジネスシーンの付き合いなら尚のことで、どちらか一方だけにメリットがあるような関係は、仮に成立したとしてもいずれバランスが崩れて軋轢を生むことになります。なぜなら、あなたが「人脈の一人」と思っている相手は、同じようにあなたを見ているからです。だからこそ、力を貸してもらうことばかりを考えるのではなく、相手の力になれることを示し、依頼を受けたら全力で取り組み、あなた自信が相手にとっての「価値ある人脈のひとり」であり続けなくてはなりません。そして、このような双方向的な関係をどれだけ多く築けるかが、幅広い人脈づくりをおこなう上での最も大事なポイントになります。

ビジネスライター 吉村高廣の視点

ビジネスマーケティングに関連した仕事をしている兼ね合いで、異業種交流会へのお誘いをいただきます。参加したこともありますが、これまで縁を繋いでいる方は一人もいません。そもそも「お付き合い参加」ですので他人事なのです。そうした視点で観察すると、参加者は2つのタイプに分かれます。1つは積極的に話しかける「ギラギラタイプ」。もう1つが話しかけられるまで待っている「むっつりタイプ」。前者はいささか腰の軽い印象ですが、交流会のような場では、後者よりも得るものは大きいように思います。人と出会うチャンスはそうそうあるものではありません。同じ目的で集まっているのなら、気取っていないで多くの人と話す機会を持ち、互いの利害を見極めることが大事。人付き合いはそこから先の問題です。

オフィスを借りたい・移転したい インターネットで簡単検索 e-miki.com
■記事公開日:2020/04/07
▼構成=編集部 ▼文=吉村高廣 ▼画像素材=PIXTA

過去の記事

シリーズ
清野裕司の談話室〈18 コロナを生き抜く④〉
〈18 コロナを生き抜く④〉
マーケティング再考 ひと頃、「2020年問題」という言葉... 2021.04.15更新
若手のための
“自己キャリア”〈14〉
〈14〉
タイムマネジメント 皆さんは"タイムマネジメント"という言葉を... 2021.04.12更新
ワークスタイル・ラボ
〈2〉
成功体験や勘ではなく、データ主導の営業へ! データドリブン営業の基礎知識 この1年ほど、経済誌などで「データドリブン」という言葉を... 2021.04.05更新
企業見聞
〈25〉
激変するライブ・エンタテイメント市場に、 新しい価値を創出し続ける。 ライブ・エンタテインメント調査委員会のレポートによると... 2021.03.24更新
Officeオブジェクション
〈8〉
ポストコロナ時代のオフィス計画⑤ 時短化で接触減に。スタンディング会議 プロジェクトで仕事をしていて仕掛案件が佳境に入ると... 2021.03.09更新
ココロが動いた!秀逸コピー
〈8〉
GLEN CLYDEのソックス 私が子どもの頃は、靴下のつま先に穴が空いても... 2021.03.02更新
働く人の健康ライフ
〈6〉
コロナ禍で"承認欲求"をいかに満たすか 解剖学者で400万部を超えるベストセラー『バカの壁』... 2021.02.25更新
シリーズ
清野裕司の談話室〈17 コロナを生き抜く③〉
〈17 コロナを生き抜く③〉
消費者はどんなモノを求めているのか いいクルマや高級時計などには興味がないし... 2021.02.16更新
オフィス探訪
〈7〉
何をするかより 、誰とするか、どこでするか 。面白法人カヤックの新社屋 まずは、自分たちが面白がろう。つぎに、周囲からも... 2021.02.10更新
リアル・ビジネス
英会話〈19〉
〈19〉
I can't make it. 誘いを断る 海外勤務が間もないビジネスマンにとって悩ましいのが... 2021.02.03更新
Officeオブジェクション
〈7〉
ポストコロナ時代のオフィス計画④ 緊急事態宣言発出! テレワーク再び 誰もが予想していた通り、2021年1月8日に... 2021.01.27更新
エリア特集
〈25〉
将来の利便性が期待でき、 これからの時代に相応しい街づくり 仙台市 東北地方の商業の中心的役割を担ってきた仙台市... 2021.01.26更新

バックナンバー※2018.02.21 現在

文字サイズ